« ホルスタイン | トップページ | 目は口ほどに物を言い »

2008年12月 4日 (木)

ブルー

1

「ブルーが見つかりましたよ」とボランティアさんからの連絡

ブルーは社宅で捨てられ 次に里親さんに行った先でも都合があり
最後の里親が我が家になった地域猫でした
けれど 家に来た翌日すぐ 2階の窓から脱走

Dscf00478

探してもみつからず 近所の神社で「猫探し祈願」をした翌日
車で20分くらいのところの方から「保護した」と
電話をもらいました なんでもお腹がすいてその家の猫の
餌を食べていたとのことです
ブルーの首に 電話番号を書いたネームプレートを
つけていたことが幸いしました

Dscf0020

うちに来る前の里親家の方向に逃げていたのは 偶然なのか
猫の方向感覚が 合っていたからなのか 分かりません

猫の可愛さを教えてくれたのは ブルーでした
しょういちと同じフレンドリーな性格で 変な格好で寝て
猫も人間も誰にでもなつき 話題が絶えないアイドルで
いつもみんなの笑いに囲まれていました

Dscf0016_2

私がボランティアになったのは このブルーを
ボランティアの方から譲りうけたことがきっかけでした
けれど この頃は猫について無知で 白血病の検査も
していなかったので その後ひげくんベニちゃんも
同じ白血病で虹の橋へ渡ってしまいました

ブログの管理人名も ブルーからきています
フレンドリーで親分肌で あんなにきれいな猫は 
もう会えないかもしれないと思っています 5年前のことです

 

まりもさんから
「アタシもハンドルネームは今年の5月に虹の橋へ
お散歩に行った『まりも』からとってますぅ♪
みんな同じなんだねぇ♪」とのコメントhttp://blog.goo.ne.jp/jjmmppkk44/

そしてナナのママさん http://yokonana.blog62.fc2.com/

「15年連れ添ってきた愛猫ナナが、2006年8月7日に天国へ
旅立ってしまいました」と管理人名の由来をサイドバーに
のせています

ブルーも ヒゲ君もべにちゃんも ダイヤ猫乳母のスリンも
ナナのママのナナちゃんも まりもさんのまりもちゃんも
ユーミンさんのトミ爺も どの子もみんな家族にたっぷりと愛され 
そして私たちにもたくさんの喜びと癒しと思い出を
プレゼントしてくれました ありがとう♪

Dscf0045

 ポチっとおして応援していただけると嬉しいです
   いつもありがとうございます 人気ブログランキングへ

« ホルスタイン | トップページ | 目は口ほどに物を言い »

コメント

ブルーちゃん、綺麗な猫ちゃんでしたね。
縫いぐるみみたい・・
夜傍に居たら一緒に寝たい気持ちがしますね。
読でて、blueさんにとって特別な存在だったのだな~っと思いました。
虹の橋の向こうで、幸せに暮らしてますよ。

HNにするほど、blueさんにとってブルー君は忘れられない猫さんなのですね。
どの子も同じく愛情を掛けていても、
星になってしまった子の方が、強く心にあるのかもしれませんね。
迷子になってしまった後に、無事に帰ってこれたのも
彼をより印象付けるエピソードだったのでしょうね

ブルーちゃん 可愛い猫ちゃんですね~♪

幸せな生活をしていたのが寝姿から伝わります。

悲しいけど良かったです!(変な気持ち 笑)

ポチ^^

ブルーちゃんとっても綺麗ですね☆
種類でいうと何になるんですかね?
おっぴろげーをしている姿はとっても
癒されますね。
この子がハンドルネームの由来だったんですか!
今もみんなの心に残ってるんですよね。
虹の橋に渡った今もきっと幸せに暮らして
るんでしょうね♪

『どの子もみんな家族にたっぷりと愛され 
そして私たちにもたくさんの喜びと癒しと思い出を
プレゼントしてくれました ありがとう♪』

この言葉はすごく。すごく。
本当にすごくあったかい言葉だねぇ。

なにアタシを泣かせてるのぉ?w
涙とまんないよ。。

こんばんは。
本当に綺麗な猫ちゃんですね。
猫ちゃんからいっぱい幸せな気持
私ももらってます。
本当に家族のアイドルなんですよね。
虹の橋を渡ったにゃんこたちも
blueさんと出会えて幸せですよ、絶対。
虹の橋でのんびり待っててくれてます。

ブルーちゃんは見るからに、ポニョポニョ
していて癒し系のニャンコだったのですね。
つい触りたくなる感じです。

今は虹の橋から家族みんなを見守って
いてくれると思いますよ。

ブルーちゃん本当に美しいにゃんこですね~
オスでありながら三色の色彩を被毛に持つ
アジアのにゃんこですね~
色々なお家を転々としながらも
blueさまにとても愛されたブルーちゃん
安心してお腹を出している姿には
じーんと目頭が熱くなりますよ~
白血病という病気でお亡くなりになったけど
きっとブルーちゃんは幸せを感じていたと思います

こんにちは~ハンドルネームの由来はこの子だったんですね。
本当に綺麗な子ですね。
毛色とか凄く私好みの色だな~可愛い。
ブルーちゃんみんなに愛嬌振りまいて沢山の幸せを運んで来たんですね。
私はまだ猫を飼った経験が浅くうちのタマが初めての猫で亡くした事ないのですが、居なくなったと想像するだけでも苦しいです。
皆さんの心の中にずっとずっと生きてるんですよね。
それからクーの保護当事の事まで読んでくださったんですね。ありがとうございます。

ほんと、イケメンちゃんですねブルー君!!
運命の出会いだったんですねぇ。
ネコにも人にもフレンドリーなのに、
脱走しちゃうんですね~。
帰巣本能なのかなぁ‥。

けど、愛情いっぱい育てられるblueさんに出会えて
ブルー君もきっと幸せだったに違いないでしょうね☆

わぁ~凄く綺麗な猫ちゃんだったんですねブルー君
うんうん、確かに最高にイケメンだよ、間違いない!(笑)
そっか、HNの由来はこのブルー君だったのね(^^)v
猫を好きになるきっかけって不思議なもんですよね~
小学生の頃、夜道で見た猫の目が光ってて怖いから嫌!って思ったのに
実家に迷い込んできた子猫を保護してから急速に猫好きになり
一人暮らしを始めてナナを保護し、いつの間にか
超親バカな猫好きになってました(笑)
ナナと出会っていなかったら、きっとここまで猫好きに
なっていなかっただろうな…
そう思うとナナには本当に感謝!です(^^)v
リンクありがとうございました♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホルスタイン | トップページ | 目は口ほどに物を言い »