« あんずを漬ける | トップページ | 梅雨明けの毛づくろい »

2011年7月 3日 (日)

土とみずごけ

人気ブログランキングへ   のぞみ
                 「
応援クリック ありがとうございます」

ハンギングバスケットを作成する時に必要なものとして

土と水ごけがあります

↓この土は普通のプランター用で 悪い土ではありませんが

ハンギングに使うと水はけが悪いように感じました

Photo

いつもお稽古で使っている土は 土の密閉度が少なくサラサラっとしていて

風通しの良さそうな?土だからです

次のお稽古の時に 先生が使っているハンギングバスケット用の

土を譲ってもらう予定です

Photo_4

みずごけは ハンギングバスケットが仕上がり 最後に

水やりをする時に土ががこぼれないように 土の上部と容器の境に置きます

私は上部の土が盛り上がりすぎ とよく指導をうけるので

上部を平らにするよう意識して 最後の土を固めています

みずごけをいれたのを横から見ると こんな感じです

Photo_2

家のびわ 甘くてうまうまでした 種から育てた生粋の家のびわ

大きく すくすくと育ちたくさん獲れて 嬉しかったです

Photo_3

« あんずを漬ける | トップページ | 梅雨明けの毛づくろい »

コメント

土を選ぶって大事なのですね
ミズゴケって水に浸してから使うのですね~知りませんでした
また素敵な涼しげなハンギングですね~

びわが鈴なりですね~
普通に買うと高いのに~すごいわぁ~

みずごけにはそういう役割があるのですね。
土も違うとは奥が深い。。。

種から育てた生粋のびわ、本当にたくさん実っていますね♪
育て始めて何年ぐらいなのでしょう?ずいぶん大きそうですね!

ハンキング用の土は軽めだと聞きました。。
先日一つ作ってみたのですが、
入れたペチュニアの花が全部落ちてしまいました~クスン
もう一度蕾を付けて咲くまで辛抱ですね。。

ハンギングって、ハンギング用の土があるんですか!?
保水とか重視だと思ってたら、そうでもないのかなあ?ってちょっと思って見たり。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あんずを漬ける | トップページ | 梅雨明けの毛づくろい »