« ハンギングバスケットで残ったお花の生かし方 | トップページ | 自然農園での学び・に »

2012年1月13日 (金)

自然農園での学び・いち

マスターになったら 是非勉強したいと思っていました

井上まゆ美先生の自然農園のマスターのためのステップアップ講座です

井上まゆ美のお仕事日和

 

2011年マスターになったばかりの 同期の方々と一緒です

でもみなさんは この農園でマスターの試験勉強をしてきた方ばかりで

私は部外者ですが 参加できて嬉しいです

でも 知らないことばかり慣れないので緊張します ドキドキ(゚ー゚;

 
 

2011112415510000

 
 

教えてくださったのは 井上先生と共に

11月はゆっこはん先生

ゆっこはんの、ゆる~いガーデニング

 
 

☆5つのスリットに添って 左右上下のデザインをきちんと考えること

  (これまで なんとなく全体のイメージだけで考えていて

  それぞれのスリットを意識して

  お花をデザインしたことはありませんでした\(;゚∇゚)/)

 
 

☆土をしっかりいれること などを丁寧に教えていただきました

  (基本といえば基本ですが 自分のウィークポイントでもあったので

  大切さを再確認しました(゚ー゚;)

☆左上の黒い葉ボタンは もっと目だたせたほうが良かったようです

 高額な お花でもあります(*´v゚*)ゞ・・・

 

1117

 
 

初めに座学で 先生のお話を伺いました

これまで取り組んでこられた事柄で とても貴重なお話でした 

次にいよいよ製作の時間です

といっても どの苗を選んでよいのか すごく迷いました 1~2時間ほど(・_・)エッ....?

農園での 花材選びに時間ばかりがすぎ 

焦ってエレガンスの大型ハンギングを作っていると

気がつくと あたりは真っ暗 夜になりました

けれど 頭の中でデザインしたことが

ハンギングにすぐ投影できるというわけでもなく

困っている私に 先生方は丁寧にアドバイスしてくださいました

めずらしかったのは 苗の植え方がこれまでと少し違うことです 

苗と苗の間にミズゴケを入れていきます

こうすると一つ一つの苗が それぞれにしっかり主張できて 

それぞれに 生き生きと育つのでとてもいいと思いました

 

デザインと記録

 
 

一番勉強になったことは デザインのことと記録のことです

まずマスター試験の際 作品が出来上がった時はまだよかったのですが

管理している間に 最初に考えていたイメージとずれていくことに気付きました

「デザイン」という概念に乏しかったのです 

デザインこれは今後のキーワードです ¨む むずかしい・・・¨

次に記録については 必要感は感じていながらもつい後回し・・・

そして いつのだか分からない整理されていない花の札がたくさんに

ま まずい・・・・

 

F0054197_1042675

さて

先生のお宅には ヒロ君ときん太君という猫がいます

猫ちゃんつながり とても嬉しいです

保護された子猫の時から お世話をしていらっしゃるようです

猫ちゃん話題でお話がはずむと 緊張もやわらぎます

 
 

井上先生の農園へ伺ってから 

ハンギングに取り組む姿勢が変わってきたことを実感しています 

これまでは ぼんやりとあるいはやみくもに作っていましたが

こちらで視点を明らかにしていただいたことで 

何が分からなかったことのが少しずつ分かってきて 頭の中で整理されて 

デザインをして製作する大切さを再確認できました

苗の成長のために 一つ一つの苗を生かしていく植え込みをすること 

その大切さを 今一度考えることができました

またこれまでより 土も丁寧にいれるようになりました

次回は 12月にご指導いただいた佐久間先生の内容をお伝えします

 
 

人気ブログランキングへ   のぞみ
                 「
応援クリック ありがとうございます」 

                 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・・゜

« ハンギングバスケットで残ったお花の生かし方 | トップページ | 自然農園での学び・に »

コメント

初めてコメントさせていただきます。
まずは今年もどうぞよろしくお願いします。
ブルーさんとはマスターの同期になりますが、ブルーさんには我々と違う光るものを感じます。
経験の差もあるのでしょうが、今までご指導を受けられてこられた先生も素晴らしい先生だ
ったのではないかと思います。ブルーさんに負けないように私も頑張ってついていきたいと
思っておりますのでよろしくお願いします。
さて技術のことですが、受講生のなかにも間違って習得しそのまま卒業している方が何人
もいるのを私は側で見聞きして知っています。これはとても残念なことです。
先生はそのように教えていないのに勘違いしたまま・・・ということが多田あります。
やはり同じことを何度も尋ねたり、上手な人のハンギングを注意深く覗いてみる必要がある
のだと思います。それだけハンギングはあなどれない難しいものだと私は思っております。
この話のつづきは農園でお会いしたときにまたお話いたしますね。それではまた・・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンギングバスケットで残ったお花の生かし方 | トップページ | 自然農園での学び・に »